ニキビ対策

成長ホルモンが原因

医者

ニキビは若い頃には誰もが経験したことのある肌トラブルです。できる場所は人によりそれぞれ異なりますが、多くの方が気にするのは顔にできるニキビでしょう。顔は人に一番見られる場所で、体とは違い隠すことができないので厄介な部分です。そのため、多くの方が顔にできるニキビを対策しようと考えますが、若い時には必然的にできてしまうので対処することは難しいです。理由としては、成長ホルモンが作用するからです。成長ホルモンは若い時には必要不可欠なホルモンで、体と心を進化させる役割を担っています。しかし、成長ホルモンに含まれるテストステロンやエストロゲンが肌に作用することで、ニキビもできやすくなってしまうのです。また、若い頃には成長ホルモンだけでなくストレスも大きく関わってきます。ストレスは日々の生活で溜まっていくもので、些細なことでもストレスを感じてしまいます。特に、若い年代はストレスが感じやすく、学校のことや勉強のことでストレスを溜めてしまいます。そうなると、ホルモンバランスが崩れてしまい、ニキビができやすくなってしまうのです。また、ニキビができたことでさらにストレスが溜まり、悪循環になります。このように、成長ホルモンとストレスが大きな原因となる思春期は、根本的な問題を解決することは難しいので、日頃のスキンケアが重要となってきます。こま目な洗顔で皮脂を洗い流し、適度な水分を肌に与えることが思春期では最も効果的となります。

ニキビは主におでこやあごなどにできてしまいますが、人によっては体中にできてしまう場合があります。体の部位も様々で、背中やお尻にできる人などがいます。背中やおしりなのであまり気にしない方がいますが、放っておくと大変な事態になるので注意しましょう。お尻の場合には、ニキビが発生してしまうと座った時に痛みが発生してしまいます。痛みが発生するだけならいいやと考える方がいますが、座ることによりニキビが潰れ広がってしまいます。そうなると、お尻の至るところにできてしまい治療が難しくなってしまいます。そのため、お尻にできた時にはこま目に下着を変え清潔に保ち、ジーンズなどの硬い素材のズボンは避けるようにしましょう。そうすれば、無駄にニキビを刺激することが無いので症状が悪化することを防げます。また、お尻だけでなく背中も厄介で、自分で観ることができないので、気づかない方が多い場所となります。ニキビができているのにそのまま放っておくと、痒みが発生して日常生活に支障をきたしてしまいます。痒みが出ると睡眠を妨げてしまい、睡眠不足となり仕事に影響が出てしまいます。このように、体に発生するニキビも厄介となっており、自分で観ることができない部分は治療するのも一苦労です。しかし、美容クリニックにいけば、的確な治療で肌を綺麗にしてくれます。また、美容クリニックでは患者さんに合わせた治療をしてくれるので、肌が弱い方でも利用することが可能です。